医療事務は子育て中のママにおすすめの仕事です。|資格キング.com

資格一覧へ戻る医療事務の資格と仕事特集! > 医療事務の仕事は結婚、出産後でも働けます。

結婚、出産を機会に退職する人が多い。

結婚、出産後、子育て中でも働けます。

女性の場合は特にそうですが、結婚、出産を機会に今までしていた仕事を辞めてしまう人が多いです。

しかし、不況の影響で、共働きの家庭が増えてるので、ある程度生活が落ち着いてから、また働き始めるという人が急増しています。

多くの人が、午前中だけ働きたいなどの理由で、勤務時間に自由のきくコンビニやスーパーなどで働いています。

医療事務の仕事の場合、医療事務の仕事の勤務時間でも触れていますが、勤務時間が病院によって異なりますので、自分の生活に合った働き方をしやすいです。

特に、出産して子育て中のママさんに、医療事務の仕事はおすすめです。朝から昼間で働くとか、反対に夜だけ働くということが可能です。

小さな子供がいる場合、保育所や実家に預けて、フルタイムで働く人もたくさんいますが、家庭を大切にしたい人の場合に、医療事務の仕事がおすすめです。

開業医の病院がおすすめ!

大病院では、医療事務として働いている人の多くが派遣です。もちろん正社員として働いている人もたくさんいますが、その場合でも福利厚生に厚い反面自由度が低いことが多いです。

反対に、個人の開業医がやっている町の小さな病院では、福利厚生に薄い場合が多いですが、その分、自由度が高いことが多いです。

アットホームな雰囲気で、院長のさじかげん一つという病院の方が、勤務時間に柔軟性があります。

正社員としてフルタイムで、ばりばり働きたいというのであれば別ですが、子育て中のお母さんには、小さな病院でより私生活を重視した働き方をすることがおすすめですし、医療事務の仕事の場合はそれが可能です。

場所も、病院が乱立して競争の激しい都会よりも、地方の方がそういう働き方をしやすいという特徴もあります。

おすすめの医療事務講座

医療事務の資格は、自宅で学習して取得することができます。学習期間は、約6ヶ月くらいです。おすすめの通信講座を紹介します。

医療事務の資格で絶対に取らなければならないのは診療報酬請求事務能力認定なので、それに対応している講座を選びましょう。

↓↓ヒューマンの医療事務講座は診療報酬請求事務能力認定を目指せる↓↓

医療事務の資格と仕事特集!記事一覧

  1. 医療事務の資格一覧
  2. 医療事務の就職・転職の現実
  3. 医療機関で仕事をしたい人が急増
  4. 医療事務の仕事や業務内容
  5. 医療事務の仕事の勤務時間
  6. 医療事務の資格は結婚や出産後にも強い
  7. パソコンやワード・エクセルのスキルが必要
  8. 医療医務の資格は独学でも取れる?
  9. 医療事務の講座があるスクール一覧
  10. 医療事務のメリットとデメリット
  11. 病院などの医療機関で働くやりがい
  12. 医療事務の仕事の求人状況
  13. 医療事務の通信講座
  14. 医療事務の通学講座
  15. 医療事務の給料ってどれくらい?
  16. 就職や転職の難易度は?
  17. 医療事務の資格取得の最短ルート
  18. 就職の際に実務経験は必要か?
  19. がくぶんの医療事務講座
  20. ニチイの医療事務講座
  21. ユーキャンの医療事務講座
  22. 就職活動の際に実務経験が求められるか?
  23. 志望動機の書き方
  24. 興味を持ってもらえる自己PRの方法
  25. 新卒採用と中途採用どっちが有利?
  26. 中卒や高卒でも大丈夫か?
  27. 医療事務の資格は独学でも取得できるか?
  28. 書類審査で落とされない履歴書の書き方

医療事務の資格はたくさんありますが、仕事に就くときにもっとも有利になる資格は診療報酬請求事務能力認定です。難易度も高いですが、必ず取得しておきたい資格です。

【人気の記事】

人手不足のWEB業界に経験無しからチャレンジ

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

人手不足でまだまだ需要のあるWEB業界に経験無しでもチャレンジできます。

資格一覧へ戻る医療事務の資格と仕事特集! > 医療事務の仕事は結婚、出産後でも働けます。

女性に人気がある資格・検定ランキング 女性に人気の資格ランキング!

ページの上に戻る